行政保健師から産業保健師への転職

行政保健師から産業保健師へ転職する人の理由の中で、少なからず存在しているのが給料の良さです。行政保健師と産業保健師を比較すると、給料に差が見られるのでしょうか?ここであるサイトに掲載されていた、行政保健師と産業保健師の給料の平均を紹介します。

 

行政保健師の一般的な給料は、500万円前後が平均年収となります。しかし産業保健師の平均年収を見てみると、500〜600万円の間になります。ですから行政保健師と比較して、平均年収は産業保健師の方が上です。しかしすべてがすべて、行政保健師よりも給料がよくなるかというと、それも違います。

 

産業保健師の中でも給料にはかなりばらつきがあります。年収1000万円を超えるような条件で仕事をしている産業保健師もいれば、年収300万円程度で仕事をしている産業保健師もいます。正社員だけでなく、派遣やパート、契約社員の雇用形態で仕事をしている人もいるので、求人情報をしっかり吟味する必要があります。

 

会社による当たり外れもあるので、求人探しは慎重に!

行政保健師と比較すると、給料などの面で産業保健師の方がいいとよく紹介されています。しかし産業保健師の勤務先の企業によって、当たり外れの激しい所があることも認識しておくべきです。たとえば、給料なども勤務先の会社の経営状況で大きく変わってしまいます。

 

決して景気が好調でない状態で推移している中では、業績悪化になってしまう企業も出てくる可能性があります。もし業績が悪化してくると、コスト削減のため人件費カットされる可能性も否定できません。その場合、通常の社員と同じでボーナスカットや昇給見送りといったことにつながりかねないので注意したいところです。

 

大企業に就職する場合には、一人で多くの社員の面倒を見ないといけません。場合によっては、数百人という人の健康管理を担当しないといけなくなる恐れもあります。もともと産業保健師の場合、募集している数も少ないので企業の規模によっては、かなりハードな職場になる可能性もあることは認識すべきです。

 

企業への転職活動を始める前にまずココを確認

●産業看護師を知りたい!企業の求人チェックの前に知っておきたいこと(http://www.satoucreation.com/
産業看護師・産業保健師になるための転職活動のノウハウを幅広く解説しているサイトです。