産業保健師に転職するメリット「専門分野でスキルアップができる」

行政保健師から産業保健師に転職する人も多いですが、そのメリットの中でも大きいのはスキルアップの可能性が期待できるというところです。産業保健の分野を見てみると、いろいろな種類の資格があります。資格を取得することでスキルアップができますし、転職するときにも有利に働きます。また企業によっては関連する資格を取得していることで、資格手当のつく可能性も期待できます。

 

では産業保健師に関連する資格として、どのようなものがあるでしょうか?具体的には産業カウンセラーや健康医療コーディネーター、海外勤務健康管理指導者、禁煙指導認定保健師などがあります。後者2つに関しては、かなり特定の分野に特化した求人なので転職活動するときにアピールできます。

 

産業保健師に関連する資格を取得するときに、セミナーなどに参加するケースも出てきます。このセミナーの時にマスターした知識やスキルなどを生かして仕事ができるかもしれません。自分を高めたいと思っている人は、産業保健師への転職も検討すべきです。