産業保健師に転職するメリット「やりたい仕事だけに専念できる」

行政保健師の場合、健康センターとか学校で業務をします。このような所で仕事をしていると、いわゆる雑務などもこなしていかないといけなくなります。雑務に忙殺されていると、「自分は本当に保健師なのだろうか?」と疑問に感じるケースも出てきます。

 

しかし産業保健師になると、自分の本来の仕事に専念しやすい環境の整っているのでやりがいを持って仕事にあたれるという意見もしばしばみられます。健康指導やメンタルヘルスケアの指導など、保健師が資格を生かしてできるシフごとに専念できます。特に産業保健師を雇っているような会社は、いわゆる大企業が多いです。このため、雑務を担当するスタッフなどもいますので、細かく作業分担がされています。その分保健師としての仕事に集中できるわけです。

 

行政保健師として、自分の現在の置かれている立場に疑問を持っている人はいませんか?そのように感じているのであれば、産業保健師に転職して、やりがいを感じてみるのはいかがですか?